完全オーダーメイドのオリジナルふせん製作サイト。

株式会社FUSION様    

オリジナル付箋

社会福祉事業

<長崎県佐世保市>社会福祉事業所。障がいがある子ども達や保護者を支援したいという想いや、現状の施設では解決出来なかった事を独自のアイデアで急速展開している。

独立心が強かったオーナー、娘の誕生をきっかけに一念発起

株式会社FUSION代表取締役中村耕司氏。24歳の若さでローソンのフランチャイズオーナーとなり、その後やよい軒など複数のフランチャイズ運営を行う。順風満帆であった中村氏だが、2011年ダウン症の娘が産まれた。当初は障がいを持つ子どもの保護者会に参加し、情報交換などを行っていたが、当時の施設や仕組みに限界を感じていた。

そこで中村社長は娘の誕生から4年後の2015年4月に初放課後等デイサービス事業である「キッズすてっぷあいのうら」を設立した。

経験と独創性を活かした仕組づくり

「キッズすてっぷあいのうら」を皮切りに事業所や相談支援事業所、その他3つのキッズステップを立て続けに設立。地元の長崎県内にとどまらず各地に展開した。

3年間で急速展開できたのは、若いころ得たフランチャイズの知識(ドミナント戦略)を活かしたものであり、知名度・ニーズ・エリアなど総合判断できる中村社長の手腕ともいえる。

訓練はできても、仕事が無い 無いなら創ろう、まごころ洗車隊出動!

障がい者施設は障がいの状態によって様々な区分がある。他人と会う事が極度のストレスになる方もいれば、移動が困難なだけで、仕事は時間通り働ける方もいる。身体障害者の方の職場は少しづつ増えているが、精神障害の方は、定時に出勤できなかったり、納期が守れないなど、現在も就職は困難な状況である。

そんな中、株式会社FUSIONが独自で始めたサービスが「まごころ洗車隊」である。

「まごころ洗車隊」とは2~4人でチームを組み出張で洗車を行うサービスである。洗車といっても水は使わず専用の洗剤を使用するので水汚れの心配がなく、時間も40分前後で仕上げる事ができる。そして注目すべきがなんと500円ワンコインでこのサービスを利用できるという点である(軽自動車の場合)。元々はクイックウォッシュさんからヒントを得て、障がい者でもできるのでは?と可能性を感じ、研究を重ね事業化に成功したそうだ。

認知度アップへ

「まごころ洗車隊」を多くの人に知ってもらう為におもしふせん「オリジナル磁石付きふせん」をチラシと一緒に配布した。ターゲットは主婦に絞り主婦がよく集まる昼のイオンで配布を行った。受け取る人の反応はかなりよくチラシだけの配布時より磁石付きふせんを同時に配った時の方が受け取る人が多かった。また洗車の依頼数も配布前と比べ配布後は30%も増加。

現在は「まごころ洗車隊」のフランチャイズも全国に展開しており、7社と契約している。今後も生産性のある仕事を障がい者達に提供し、彼らの雇用と活躍の場を長崎から日本全国へ広げていくと中村代表は語った。

 

商品情報

  • カバーありふせん [CA01] / カバーサイズ:56×80mm / ふせんサイズ:50×76mm